大垣藩:大垣城
大垣藩/大垣城: 美濃(岐阜)大垣市  戸田家 譜代 100千石【帝鑑間】伯爵       ☆戸田氏鉄が1635年に大垣藩に入封し12代230年在封
  芭蕉の「奥の細道」結びの地。  住吉燈台。  大垣藩戸田家菩提寺の円通寺。 大垣城の移築城門/大野町牧村家と市内平林荘跡。
            大垣藩探訪歴 昭和62年5月の最初の探訪は大ちゃんバテル/平成9年6月A/同19年3月B再訪/同26年7月更新  大垣藩
奥の細道結びの地碑文//蛤のふたみにわかれ行く秋ぞ(芭蕉)
大垣藩城下、住吉燈台
大垣藩の大垣城の移築城門/平林荘跡
大垣藩の大垣城の移築城門/牧村家
大垣藩、大垣城天守閣

※一口メモ:
@大垣城の築城は天文4年(1535)に宮川安貞が築いたという。永禄6年(1563)、氏家直元はそれまでの本丸・二の丸だけであった城を大規模に拡張し、慶長元年(1596)に城主となった伊藤祐盛が天守を築いた。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは、西軍の拠点となった。関ヶ原以後、大垣藩(大垣城主)は、目まぐるしく替わる。 
A大垣藩の藩主変遷:伊藤家(除封)→石川家→松平家(久松)→岡部家→松平家(久松)→1635年、戸田氏が尼崎から大垣藩に入封、藩主定着

B幕末維新時の大垣藩:維新時の大垣藩は早くから軍制改革を行い、家老大原鉄心を中心に勤王に決し、東北各地の戦線で大活躍した。大垣藩は1461名の兵士を出し戦死者も55名にあがった。戦後の論功行賞で大垣藩は、賞典禄3万石を賜った。
C大垣藩戸田家とは:戸田一西(妻は松本藩祖戸田家の娘)を家祖とする。一西は家康に従い武功を挙げ、家康の関東移封(1590)時に武蔵に5千石を賜った。関ヶ原の戦い後の慶長6年(1601)膳所3万石を賜り諸侯に列した。子氏鉄が継ぎ尼崎藩(5万石)を経て大垣藩(10万石)に入封した。  

<昭和62年5月大ちゃん6才>
4泊5日の金沢等の北陸旅行の最終日に大垣城を探訪。天守閣の下でバテギミの大ちゃん。
※大垣藩の支藩:野村藩(新田藩)10千石
※戸田別系統:宇都宮藩77千石・足利藩16千石・高徳藩10千石
         松本藩60千石
大垣藩戸田家菩提寺の円通寺