大胡城
大胡城(おおごじょう):群馬県前橋市河原浜町 大胡城探訪歴:2013.04
大胡城は南北に走る丘陵の平山城で中世は上野の名門「大胡氏」が拠った城で、その当時の大胡城は、江戸期の城から西側300mの養林寺辺りだったという。天正18年(1590)徳川家康の関東入封の時、牧野康成が2万石で封ぜられ、忠成が継ぎ元和2年(1616)越後長峯へ転封された。その後、大胡の地は前橋藩領となった(一国一城令で大胡城は廃城)。牧野康成等菩提寺の養林寺。大胡城の移築門:正円寺(前橋市堀の下)。
Back
大胡城に入城した初代の牧野康成と室と母君の墓:養林寺・・・大胡城から300m
大胡城の移築城門、平成9年前面改修。前橋市の正円寺(説明板)。
大胡城縄張り図
大胡城空堀
城域外からみた本丸跡
桜花におおわれた大胡城本丸跡