大溝藩/大溝陣屋: 近江(滋賀)高島市 分部家 外様 20千石【柳間】子爵      ☆分部光信が1619年に大溝藩に入封し12代250余年在封
旧大溝城3の丸が大溝藩陣屋跡。 移築総門。 武家屋敷。 城下町風情。  大溝藩分部家菩提寺の円光寺&墓所。  近藤重三墓/瑞雪院。
大溝藩探訪歴 平成8年6月探訪/同19年9月再訪/同26年7月更新  大溝藩
江戸時代は旧大溝城2の丸3の丸に大溝藩陣屋構築/現分部神社・病院 移築/大溝藩陣屋総門
大溝藩城下に残る唯一の下級武士屋敷          大溝藩城下のしっとりした町筋
大溝藩分部家菩提寺の円光寺と歴代の分部家墓
近藤重蔵の菩提寺、瑞雪院と墓 :1771-1829年、旗本の子として江戸に生まれる。関東郡代付出役等歴任、松前蝦夷御用扱となり千島列島を探検。博覧強記で多くの書物を著わした。しかし家督相続の長男が隣人を殺傷した罪により、改易。身は、ここ大溝藩に御預かりとなり、3年後病死した。
大溝城 
大溝城は天正6年(1578)、織田信長の甥である津田信澄が高島郡を領し、居城として明智光秀の縄張りによって築城した城である。 琵琶湖に面し,堀の水に湖水を引く水城であった。本能寺の変で信澄が討たれた後は、丹羽氏・加藤氏・生駒氏・京極氏入れ替わり大溝城に入城した。しかし、一国1城令(1615年)により大溝城は廃城となった。 元和5年(1619)に分部氏が伊勢上野より2万石で大溝藩に入封し旧大溝城3の丸に陣屋を構築した。
                         大名の城Back以外の城址      著名人の墓
※一口メモ:@大溝藩の成立:分部光信が、秀吉時代は伊勢上野で1万石。関ヶ原の戦いで1万石加増されて2万石となる。元和5年(1619)、近江国の高島・野洲の2郡内に領地を移され、大溝藩2万石が成立した。
A幕末維新時の大溝藩:維新時の大溝藩は鳥羽伏見の戦い(慶応4年1月)では新政府軍として参戦した(大溝藩からの出兵は75名)。

大溝藩:大溝陣屋/大溝城