大阪城

大阪城は石山本願寺の跡地に天正11年(1583)、豊臣秀吉が築城を開始した。完成に1年半を要した本丸は、石山本願寺跡の台地端を造成し、石垣を積んで築かれたもので、巧妙な防衛機能が施された。秀吉が死去するまでに二の丸、三の丸、総構えが建設され、3重の堀と運河によって囲むなどの防衛設備が施された。天守閣は、絵画史料では外観5層である。
 大阪城の築城者である秀吉自身は、京都に聚楽第・伏見城を次々に建造し、大坂城よりもそれらに居城した。慶長4年(1599)秀吉の死後、秀吉の遺児豊臣秀頼が伏見城から大坂城本丸へ移り、また政権を実質的に掌握した五大老の1人、徳川家康も大坂城西の丸に入って政務を執った。
 慶長5年の
関ヶ原戦いの後、慶長8年(1603))に徳川幕府が成立した後も、秀頼は大坂城に留まり摂津・河内・和泉を支配していたが、慶長19年(1614)の大阪冬の陣で徳川軍の大軍に攻められ、篭城戦を行った。そして、その講和に際して惣構・三の丸・二の丸の破却が取り決められ、大坂城は内堀と本丸のみを残す裸城にされてしまう。冬の陣から4か月後の慶長20年(1615)の大坂夏の陣で大坂城は落城し、豊臣氏は滅亡した。

 灰燼に帰した大坂城は初め家康の外孫松平忠明に(摂津大阪10万石⇒この家は江戸時代の奥平松平家の祖))与えられたが、元和5年(1619)に幕府直轄領に編入された。翌元和5年(1620))から、2代将軍徳川秀忠によって大坂城の再建が始められ、3期にわたる工事を経て寛永6年(1629)に大阪城は完成した。
 幕府直轄の城である徳川大坂城の城主は徳川将軍家であり、譜代大名から選ばれた大阪城代が預かり、これも譜代大名からなる2名の大阪定番と4名の大阪加番が警備を担当した。大阪城は江戸時代にはたびたび火災による損傷と修復を繰り返した。特に(寛文5年(1665))には落雷によって天守閣を焼失し、以後は大阪城は天守閣を持たない城であった。

大阪城桜門
大阪城で一番大きい36畳の石(石垣)
大阪城六番櫓
大阪城多聞櫓
大阪城千貫櫓
大阪城:豊臣秀吉築城                                   大阪城探訪歴(昭和50年9月探訪 平成8年、同18年12月再訪③)
 江戸時代の大阪城は城代が置かれ、明治まで67人が歴任した。大阪城代に任じられる大名は奏者番か、寺社奉行からである。
  よって5万石以上の大名が多い。また、勤番中は役料1万石がついた。
 三回目の大阪は、水掛け不動さん・通天閣のビリケン・御堂筋・道頓堀の散策を楽しむ   2006.12