大洲藩:大洲城
大洲藩/大洲城: 伊予(愛媛) 加藤家 外様 60千石【柳間】子爵   伊予の小京都
大洲城復興天守閣。大洲城高欄櫓・台所櫓・苧綿櫓・南隅櫓等現存.。臥龍山荘。中江藤樹の塾舎。大洲藩加藤家菩提寺の曹渓寺と如法寺。おはなはん通り。赤レンガ倉庫。  ※昭和49年9月探訪:小倉からフェリーで松山港へ、朝食のおにぎりは城址で食べる/平成10年5月再訪/同24年9月再訪B
   加藤貞泰が1617年に大洲藩に入封し13代250余年在封     大洲藩支藩 :伊予新谷(にいや)藩1万石
     
      大洲藩加藤家菩提寺の曹渓寺 大洲藩、初代・6・8・10・.11・ 13代藩主の廟所
     
 大洲藩加藤家菩提寺の如法寺  大洲藩、2・3・4・5・7・9・12代藩主の廟所  肱川を望む山の中腹にありお寺が相当荒廃
大洲藩、大洲城三の丸南隅櫓⇒
大洲藩、大洲城復興天守閣
中江藤樹邸/平成10年5月再訪時
中江藤樹(1608-1648)、近江の人。江戸時代初期の陽明学者。大洲藩で1622年、
100石の家督相続。1634年、大洲藩を脱藩し近江に戻り私塾、藤樹書院を開く。
※一口メモ
@大洲藩加藤家とは:加藤光泰が木下秀吉に仕え天正8年(1580)の三木城攻め後に播磨国内に5千石たまわった。その後、近江大溝城主、大垣
 城主で2万石、天正18年(1590)の小田原征伐後甲府24万石となる。文禄4年(1595)子の貞泰は美濃黒野に4万石で移封された。慶長5年(1600)
 の関ヶ 原の戦いで家康方に与し所領を安堵された。その後、米子藩6万石で加増転封され、元和3年(1617)に大洲藩6万石で入封した
A大洲藩の藩主変遷:藤堂高虎預かり⇒慶長14年(1609)脇坂家⇒元和3年(1617)米子から加藤貞泰が大洲藩に入封し明治まで在封。
B幕末維新時の大洲藩:維新時の大洲藩は藩論を速やかに勤王に統一した。鳥羽伏見の戦いでは大津方面の守護し、各地を転戦し仙台城に入城
 した大洲藩から110名出兵、5名戦死)。戦後の論功行賞で大洲藩は
賞典金2千両を賜った。 
                                   <幕末275藩  <小さな城下町 
大洲藩,大洲城の苧綿櫓
大洲藩、大洲城の天守閣と高欄櫓
大洲城の高欄櫓・復興天守閣・台所櫓/大洲藩
大洲藩、大洲城の天守閣と高欄櫓
大洲藩城下の江戸の面影漂う、おはなはん通りと町並/平成24年再訪の食事はおはなはん通りの”旬”美味い。  旧大洲商業銀行の赤煉瓦館
大洲藩、大洲城の天守閣と台所櫓
肱川畔の臥龍山荘/大洲藩城下にて

肱川から大洲城を望む