大田原藩:大田原城
大田原藩/大田原城:下野(栃木)栃木県大田原市 大田原家 外様 11千石【柳間】 子爵 270年余年14代在封大田原藩
大田原城は蛇尾川辺の土塁の城址。大田原藩大田原家菩提寺の光真寺。 那須神社。 平成6年5月探訪:同21年2月再訪B:同26年7月更新:
蛇尾川辺の土塁の大田原城址/大田原藩
大田原藩大田原家の菩提寺、墓所の光真寺
大田原藩城下の失われつつある商家民家
那須与一を祭る那須神社/大田原藩
※一口メモ
:@大田原藩の成立:慶長7年(1602)大田原晴清が4500石加増されて12千石の大名に列し大田原藩が成立した。大阪の陣の功により、城主大名と
  なった。
A幕末維新時の大田原藩:維新時派の大田原藩は速やかに恭順し、戊辰戦争の当初から会津藩と交戦した。会津藩や旧幕府軍の敗走兵の攻撃で、
 城を捨てたが、攻撃側も敢えて大田原城を占拠しなかった。大田原藩から延べ527名出兵し14名戦死した。戦後の論功行賞で大田原藩は賞典金
 5千両
を賜った。