大多喜城:大多喜藩

大多喜藩、大多喜城天守閣(復興)/大多喜藩 大多喜藩、大多喜城薬医門(移築)/大多喜藩
大多喜藩 /大多喜城 :上総(千葉)大多喜町 大河内松平家(吉田藩分家) 譜代 20千石【雁間】子爵                     大多喜藩 
大多喜城薬医門。 大多喜城井戸。 商家渡辺家。大多喜藩松平家菩提寺&墓所は平林寺/埼玉。了玄寺(本多家菩提寺)で大ちゃんと銀杏拾う。 
昭和61年8月探訪/平成9年10月銀杏の山/同18年2月再訪B  ☆大河内正久が1703年に大多喜藩に入封し9代160余年在封 
        大多喜藩の城下商家渡辺家
大多喜藩の最後の藩主が作った水道跡         大多喜藩の城下にある了玄寺にて(平成9年)
大多喜藩松平家の菩提寺、平林寺は大河内松平家一族の菩提寺墓所で、吉田藩・高崎藩・旗本の墓所も一緒(菩提寺&墓所は圧巻)
大多喜藩城下の町並
※一口メモ:@大多喜藩の藩主変遷:本多家→阿部家→青山家(除封)→廃藩→阿部家→阿部家(甥筋)→稲垣家→1703年、松平家(大河内)が相模甘縄から大多喜藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の大多喜藩:大多喜藩の藩主は鳥羽伏見の戦いでは老中格として淀の本営で指揮をとったが惨敗した。将軍が大阪を脱出し江戸に逃れたので、幕府諸隊の解散を命じた。そのため、大多喜藩主、正質(23歳)は謹慎処分となり、忍藩⇒佐倉藩へお預けになった。幸いに戦後の賞罰では大多喜藩は減封等は避けられた。