大浦城-青森 
大浦城:青森県弘前市五代早稲田478(現、津軽中学校)                                大浦城探訪:2015.05
文亀2年(1502)、大浦光信が津軽進出の拠点として古舘を改修し大浦城を築いた。大浦城の規模は東西500メートル、南北250メートルほど。大浦為信の代、文禄3年(1594)豊臣秀吉から45千石の所領を安堵されて堀越城に本拠地が移ると、城番が置かれるだけになった。その後元和の一国一城令により大浦城は廃城となったが、二の丸・本丸・西の丸の土塁は残された。江戸期の弘前城の詰城としてその後も、西の丸には火薬庫が建てられた。
大浦城の石碑/津軽中学校脇  大浦城の移設城門/弘前市の法源寺
 大浦城跡に建つ津軽中学校  大浦城の配置図
Back