大内氏館跡
大内氏館:山口県山口市大殿大路

大内氏館は、山口市大殿大路に建てられた城館で、周防・長門を本拠とした大内氏の居館である。大内氏24代当主の大内弘世が1360年頃、山口を本拠と定め移り住んだ時に居館として築かれた。
 大内氏の繁栄とともに
“西の京都”として栄えた。 大内氏は海外との交易により富を蓄積し、異国文化を移入。京都の戦乱を避けて公卿・僧侶等のなどの文化人がこの館を多数訪れた。京都を模した山口の街に似つかわしく城ではなく館として建てられた。大内氏館の規模は東西160m、南北170m以上の規模を誇り、館とはいえ、土塁等を備えある程度の防御力を持った城館であった。 館の南東部には大きな池を持った庭園があり、北西部には枯山水の庭園、現在の龍福寺の南東でも詳細不明の庭園が存在していた。
 大内義隆の時代の天文20年(1551年)に家臣の陶隆房の謀反により山口は灰燼に帰した(大寧寺の変)。この時の大内氏館の状況は不明であるが、大寧寺の後、新たな大内氏の当主となった大内義長が大内氏館に入った。
 弘治2年(1556))に毛利元就が侵攻してくると、大内義長は山口を放棄して逃亡。大内氏館もその役目を終えることとなった。そして翌年、同地に毛利隆元が大内義隆の菩提を弔うために龍福寺を建立した。
 

                大内氏館探訪歴:昭和48年探訪/平成18年10月再訪/同24年9月更新
大内氏館跡の龍福寺 
瑠璃光寺五重塔(国宝)
大内義隆(31代)の時代は周防・長門・豊前・筑前等7州の守護大名に
勢力を拡大した。
常栄寺 雪舟庭