忍藩:忍城
忍藩/忍城: 武蔵(埼玉)行田市 奥平松平家 譜代 100千石【溜間】子爵  忍藩
忍城模擬三層櫓。 鐘楼。忍藩奥平家菩提寺の天祥寺H17.06参詣 。忍藩奥平家江戸菩提寺の天眼寺H24.07  忍藩支藩:小幡藩20千石
忍藩探訪歴 平成6年7月探訪/同17年6月再訪B/同26年7月更新 忍藩
忍藩、忍城鐘楼
※一口メモ
@転勤族大名の忍藩、奥平松平家:作手⇒伊勢亀山⇒郡山⇒姫路⇒山形⇒宇都宮⇒白河⇒山形⇒福山⇒桑名⇒1823年、忍藩に入封し5代45年在封A忍藩の藩主変遷: 松平家(深水)⇒松平家(徳川)⇒幕領⇒松平家(大河内)⇒阿部家⇒1823年、松平家(奥平)が桑名から忍藩に入封。
B幕末維新時の忍藩:維新時の忍藩は当初は佐幕的で、鳥羽伏見の戦いは忍藩の藩主、忠誠(12)が後詰で参加したが、戦いには加わらず、紀州へ逃げ出し軍艦で江戸に帰った。江戸詰用人の岸嘉衛門の働きにより帰順し、その後は薩摩藩の伊地知氏のもとで良く戦った(忍藩から1289名が出兵し、2名戦死)。忍藩は慶応2年には軍制改革を断行し、農兵的な組織を編成していた。戦後の論功行賞で忍藩は
1万両の賞典金を賜った。
忍藩、忍城三層櫓
忍藩奥平松平家の江戸菩提寺の天眼寺/東京台東区池之端4丁目(改葬合祀)
忍藩奥平家菩提寺、天祥寺と藩主墓石群