大村藩:大村城 
大村藩/大村城 肥前(長崎)大村市 大村家 外様 27千石【柳間】 伯爵
大村城は慶長4年(1599年)、初代藩主大村喜前が築城し12代藩主純熈代(幕末)まで、270余年間大村氏の居城でした。喜前は、秀吉の死後、天下の乱れを恐れて防備を固くするため、三方を海に囲まれた要害の地玖島(くしま)を選んで大村城を築き、三城城よりここに移った.。 
 大村藩御舟蔵。大村藩の五教館御成門。旧円融寺庭園。 大村藩大村家菩提寺の本経寺。 武家屋敷通が幾筋もあった。
 昭和55年10月探訪/平成9年7月②/同26年11月再訪③  1600年、旧領を安堵され大村藩は成立し12代270年在封
 大村藩御舟蔵 大村藩校門 /五教館御成門
 
                   小姓小路                 大村藩武家屋敷街               上小路
 
 草場小路の五色塀の武家屋敷 旧円融寺庭園/国指定名勝
  
 大村藩大村家菩提寺、本経寺の歴代藩主墓所 

※一口メモ:①幕末維新時の大村藩:維新時の大村藩は尊王に藩論を統一し、鳥羽伏見の戦いの前に京都に向かった。大村藩には英国式の編成を持つ新精隊があり、関東や東北戦線で精鋭部隊として評価された。大村藩は小藩であったが584名を出兵させ戦死者も24名にあがった。戦後の論功行賞で大村藩は3万石という異例の賞典禄を賜った。
②大村藩大村氏とは:藤原純友の孫・直澄が994年に伊予から肥前大村に入部し、領主化したのが始まりだとされているが、大村純忠に至るまで、その経歴は明らかではない。
 戦国時代、大村氏の勢力は急速に衰え、1474年から1480年にかけて、大村氏は有馬貴純によって大村から追放された。これを契機に大村氏は有馬氏の従属下に置かれ、次代の大村純前は、実子を他家に養子として出した上で、有馬晴純の次男・大村純忠を養子として迎え、天文19年(1550)に家督を譲った。 この大村純忠は日本最初のキリシタン大名である。天正10年(1582)に大友宗麟や有馬晴信と共に天正遣欧使節を派遣した。しかし隣国の龍造寺氏の圧迫を受け、天正8年(1580)に降伏し、更に治世に於いてもキリスト教を狂信する余り、寺社仏閣を徹底的に破壊するという異常な行為を行ない、大村氏の衰退を助長した。
 天正15年(1587)に純忠は死去し、嫡男の喜前が後を継いだ。喜前は、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは東軍に与したので、戦後、徳川家康から所領を安堵され、肥前、大村藩の初代藩主となった。