大野藩:大野城     越前の小京都
大野藩/大野城: 越前(福井)大野市 土井家・古河藩分家 譜代40千石【雁間】子爵    ☆土井利房が1682年に大野藩に入封し8代180余年在封
  山上の大野城天守閣。 寺町(大野藩土井家菩提寺の善導寺)。 お清水。 七間朝市。  大野城移築城門。  朝倉義景墓所。 
大野藩探訪歴 昭和61年9月探訪/平成17年11月再訪B/同26年5月更新  大野藩 大野藩の宗藩は下総古河藩80千石。 三河刈谷藩33千石 
大野藩の城下、お清水/平成9年再訪時
大野藩土井家菩提寺、善導寺&歴代藩主墓所
大野藩、大野城移築城門:光明寺
大野藩、大野城天守閣
大野藩の城下町での朝市  土産に芋きんつばを買う
※一口メモ:@大野藩土井家とは:大野藩の藩祖、土井利房は古河藩主で幕府大老の土井利勝の三男で正保元年(1644)、父の所領から1万石の分地を受けた。その後、奏者番・若年寄・老中と歴任し、加増され4万石の大名となった。老中職を辞してから大野藩に転封となった。
A大野藩の藩主変遷  松平家(越前)→松平家(前藩主弟筋)→松平家→1682年、土井家が常陸から大野藩に入封し藩主家が定着
B幕末維新時の大野藩:維新時の大野藩は早くから恭順を示し、箱館戦争にも果敢に参戦した。大野藩の藩兵は洋式軍制で170名出兵し、12名が戦死した。戦後、大野藩は
3千石の賞典禄を賜った。

<小さな城下町

<幕末275藩

一乗谷で隆盛を誇った名門、朝倉義景の墓/大野藩城下にて