御三家筆頭、尾張藩

Back

※一口メモ:@尾張藩は、家康の九男義直を始祖とする御三家筆頭の大藩。 慶長5年(1600)、福島正則は安芸広島へ移封。家康の四男松平忠吉が入封したが無嗣絶家。元和2年(1616)義直が新城となった尾張藩・名古屋城に入封した。
A幕末維新時の尾張藩:維新時の尾張藩は付家老(3名)が佐幕派と勤王派に分かれ対立していた。しかし、鳥羽伏見の戦い後、討幕の大号令が発せられ、尾張藩は勤王と決した。最後の尾張藩主、慶勝(43才・会津藩主の松平容保の兄)は近隣諸藩に藩士を派遣し勤王を薦め、中部地区諸藩の軍勢を纏め、中山道から東北へ出兵した(尾張藩の出兵は4269名、戦死は26名)。戦後の論功行賞で尾張藩は
15千石の賞典禄を賜った。   
尾張藩、名古屋城天守閣
尾張藩徳川家菩提寺の建中寺  歴代藩主の廟所は本堂の真後ろにあり、関係者以外禁
尾張藩/名古屋城:尾張(愛知)名護屋市 徳川家 御三家 619千石【大廊下】侯爵    ☆徳川義直が1616年に尾張藩に入封し17代250余年在封
名古屋城表二の門 隅櫓3基   尾張藩徳川家菩提寺の建中寺 尾張藩   
尾張藩探訪歴 昭和46年8月探訪/平成16年冬再訪C:鹿児島玉竜花園出場途次/同26年1月更新  尾張藩支藩:美濃高須藩30千石