小山評定跡
小山評定跡:栃木県小山市(現小山市役所) 2012.07  小山評定跡
  慶長5年(1600)7月24日、徳川家康は、会津の上杉景勝を討つべく小山に到着した。
 この時、石田三成が家康打倒の兵をあげたことを知り、翌25日この地において軍議が開かれた。これが「
小山評定」といわれている。 軍議は、3間4方の仮御殿を急造し、家康と秀忠を中心に本多忠勝、本多正信、井伊直政や福島正則、山内一豊、黒田長政、浅野幸長、細川忠興、加藤嘉明、蜂須賀至鎮らの諸将が参集した。豊臣恩顧大名の福島正則が協力を誓い、これをきっかけに軍議は家康の期待どおりに決した。
 慶長5年(1600)9月25日、関ヶ原の戦いが行われ、石田三成率いる西軍は敗れ、東軍(徳川方)の勝利に結びついた歴史上重要な所といわれている。
小山評定跡探訪歴 2012.07探訪
Back
※小山評定跡の横隣に、徳川家康が関ヶ原での戦勝祈願をした須賀神社がある。
小山市役所に建つ「小山評定跡」石碑