下野小山城
下野小山城:栃木県小山市城山町1丁目(現、城山公園)  小山城  小山城探訪歴 2012.07
下野小山城は、久安4年(1148)に小山政光によって築かれた。下野小山城は鷲城、中久喜城とならび、鎌倉時代に下野の守護を務めた小山氏の主要な居城であった。当初の下野小山城は鷲城の支城であったが、南北朝時代から小山氏の代々の本城となった。小山氏は小山義政の乱(1380年〜1383年)で鎌倉幕府により追討され断絶したが、同族の結城家から養子を迎えて再興した。天正4年(1576)に小山氏は北条氏に降伏し開城し、北条氏の手によって改修され、下野小山城は北関東攻略の拠点となった。天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原征伐の後、慶長13年(1603)に本多正純が33千石で相模甘縄から下野小山城に入城した。しかし正純は元和5年(1619)に宇都宮藩に移封となり、下野小山城は廃城となった。小山城。
 下野小山城の城主、小山氏の歴代墓所、菩提寺の天翁院 小山城
下野小山城
下野小山城の空堀・堀切
Back
下野小山城の城主、小山氏の歴代墓所、菩提寺の天翁院
小山宗家は絶家したが傍系は寛文年間に水戸藩に客分として仕えたという