生実藩:生実陣屋
生実神社横の生実藩の陣屋空堀跡
弁天池(生実藩の陣屋外堀)
生実藩、森川家菩提寺の重俊院&藩主一族のお墓
生実藩(おゆみ):生実陣屋 :下総(千葉)千葉市中央区浜野町 森川家 譜代 10千石【菊間】子爵    生実藩 生実陣屋 
生実神社境に空堀の一部あり.。 外堀跡の弁天池。 生実藩森川家菩提寺の重俊院。  森川重俊が1627年に生実藩に入封し12代250余年在封
           生実藩森川家の宗家は22百石の旗本、大谷陣屋   生実藩探訪歴 平成8年2月探訪/17年5月再訪/26年1月

※一口メモ:@幕末維新時の生実藩:幕末の1868年の早い時期に生実藩は新政府に忠誠を誓い、平穏に明治に移行した。生実藩の出兵は178名にあがった。
A生実藩森川氏とは:森川氏俊は織田信秀に仕えた後、永禄8年(1565)に家康に仕えた。
 下総生実1万石の祖となった重俊は氏俊の3男であり、慶長2年(1597)11歳のとき、秀忠に近侍した。(尚、重俊の兄氏信の家は森川宗家として、22百石旗本として続いた)。 重俊は慶長14年、3千石を地行し、近習出頭人を務めたが、同19年大久保忠隣の失脚に連座し、上野高崎酒井家にお預けの身となった。妻が忠隣の養女だったからである。その後、元和元年(1615)大坂夏の陣の軍功で赦免され、寛永4年、二度の加増により1万石を領し、下総生実藩の藩主となった。