利神城 
利神城:兵庫県佐用郡佐用町平福                     利神城探訪2013.11 佐用町の和田宅途次
利神城は貞和5年(1349)、別所敦範(播磨守護赤松氏一族)が築城。その後200余年別所氏が居城した。戦国時代、織田方の上月城主、尼子勝久の家臣山中鹿之助に攻められ落城した。更に毛利方の宇喜多直家の支配下に変わる。慶長5年(1600)関ヶ原の戦い後に池田由之(姫路城主、池田輝政の
甥)、元和元年(1615)池田輝興(輝政の6男)が2万2千石で入封して平福藩が成立した。寛永8年(1631)赤穂藩へ転封し平福藩は廃藩、利神城も廃城。 
 
道の駅「宿場町ひらふく」からの利神城 // 石垣の崩落で危険なため現在立入不可となっている。 
 江戸時代は幕府天領、幕末には利神城の麓は因幡街道の宿場町であり直参旗本松平氏2500石の平福陣屋も置かれた。
利神城遠望 平福の宿場にある光勝寺//山門は利神城の移築城門と伝えられている
Back