鯖江藩 
鯖江藩 / 鯖江城 :越前(福井)鯖江市 間部家 譜代 40千石【雁間】子爵    ☆間部詮言が享保5年(1720)に鯖江藩に入封し9代150年在封
鯖江藩陣屋跡は陣屋稲荷辺り。 鯖江藩陣屋門/萬慶寺。 鯖江藩家老長屋門。 寺町の誠照寺&西福寺。 鯖江藩間部家菩提寺の萬慶寺 
                  鯖江藩探訪歴 平成8年2月探訪は雪/同17年11月再訪/同26年6月更新  鯖江藩
鯖江藩の陣屋跡一角の陣屋稲荷
鯖江藩陣屋門/移築
※一口メモ:@鯖江藩間部家とは:間部清貞が甲府藩主、徳川綱豊に申楽師として仕えた。始祖間部詮房は清貞の子で、綱豊が5代将軍綱吉の世子となると、綱豊に従い江戸に出て側衆となる。詮房は宝永7年(1710)、8千石加増されて1万石の諸侯に列した。綱豊が6代将軍家宣になると累進し側用人となり、高崎藩5万石の藩主となる。その後、村上藩へ転封し、間部詮言が享保5年(1720)に鯖江藩に入封した。
A幕末維新時の鯖江藩:維新時の鯖江藩は大勢の流れるまま、新政府に恭順した。鯖江藩の出兵は2個小隊のみであったという。

B鯖江藩があった鯖江市は眼鏡枠の生産であまりにも有名(日本の生産量の70%)。  
鯖江藩間部家菩提寺の萬慶寺と鯖江藩の藩主墓所
  鯖江藩家老長屋門                                 鯖江藩の城下にはまだ古い町家が残る