佐賀藩:佐賀城  薩長土肥の明治維新の城下町

Back

※一口メモ:@幕末維新時の佐賀藩:維新時の佐賀藩は鳥羽伏見の戦いの後に新政府軍に参加した。上野に立てこもった彰義隊に佐賀藩のアームストロング砲がさく裂し、一挙に大勢が決した(佐賀藩から5138名出兵し75名が戦死)。戦後の論功行賞で佐賀藩は抜群の活躍が認められ賞典禄2万石を賜った。
A佐賀藩鍋島家とは龍造寺隆信が、天正12年(1584)、島原半島で戦死すると、龍造寺家重臣の鍋島直茂は、隆信の嫡男、政家を助けて島津軍に抗し、豊臣秀吉によしみを通じた。その後、秀吉の命により龍造寺父子に代わって、鍋島直茂が国政をゆだねられ、実質上の肥前佐賀領主となった。
  慶長5年(1600年)、関が原の戦い時、長男勝茂は、西軍に与し、伏見城などの攻撃に参加した。やがて、東軍の勝利となるや、直茂は、すぐさま家康に使者を出し、黒田長政・加藤清正を通して、勝茂の西軍参加を謝罪し、柳河城主立花宗茂を討伐する事により所領を安堵された。 慶長12年(1607)、直茂は隠居し、家督を勝茂が継いだ。そして、主家の龍造寺政家・高房父子が没した事から、鍋島勝茂が名実ともに佐賀藩35万7千石の当主におさまった。以後鍋島氏が佐賀藩の藩主として、11代260年間に渡って在封する。
  

佐賀藩鍋島家菩提寺の高伝寺(屈指の墓所)
♪都の西北早稲田の杜に♪  早稲田大学創始者大隈重信の生家
佐賀藩、藩主別邸の神野公園の隔林亭(10代藩主別邸)
佐賀藩、佐賀城のお堀
佐賀藩、佐賀城の天守台
佐賀藩、佐賀城の鯱の門
佐賀藩/佐賀城: 肥前(佐賀)佐賀市 鍋島家 外様 357千石大広間 侯爵    ☆鍋島勝茂が1607年、本領安堵され佐賀藩成立11代260年在封
佐賀城鯱の門佐賀藩鍋島家菩提寺の高伝寺。神野公園隔林亭/佐賀藩の藩主別邸庭園。早稲田大学創始者大隈重信生家。  佐賀藩
昭和47年9月探訪/2回目は義父母と/平成18年4月再訪C/同26年7月更新 佐賀藩支藩:小城藩73千石・蓮池藩52千石・鹿島藩20千石