相良藩/相良陣屋
相良藩:遠江(静岡)牧之原市相良 田沼家 譜代10千石【菊間】子爵   ☆1823年、田沼意正が陸奥下村から相良藩に再封し3代40余年在封
相良藩陣屋跡は相良小学校。 相良藩田沼家位牌所の平田寺。 相良藩田沼家菩提寺の勝林寺/東京駒込。 大鐘家(3000石の大庄屋)
相良藩探訪歴 平成11年4月探訪/台風情報で良く聞く御前崎に寄る/平成17年4月再訪/同26年10月再訪相良藩
前期相良藩の相良城本丸跡に建つ牧の原資料館
※一口メモ:
@相良藩の藩主変遷 :本多家→板倉家→本多家(領地没収)→田沼家(57千石)→廃藩→1823年、田沼家が陸奥下村から相良藩に1万石で再封。
A幕末維新時の相良藩:維新時の相良藩は尾張藩に勤王証書を届け速やかに恭順した。
B相良藩田沼氏の出目:田沼氏の出自は、藤原北家といわれており、佐野成俊の孫重綱が下野国田沼村に住んで姓とした。
有名な田沼意次の父意行は紀州藩士であった。紀州藩主、徳川吉宗が享保元年(1716年)に将軍になると、意行もそれに従い江戸に随身した。この時に紀州から吉宗に従えたのは200名余りという。江戸では将軍吉宗の小姓となった。
意行は精勤して小納戸役頭取となり600石取りの旗本に出世した。このおかげで子の田沼意次は将軍の世子家重の小姓となった。
 家督を継いだ意次はその後破格の出世を遂げ、相良藩5万7千石の大名となり、老中になって幕政を主導し世に田沼時代と呼ばれる時代を作り上げた。九代将軍家重から次代の家治の代にかけて田沼時代は続くが、家治の死去によって意次は失脚した。そのあとは孫の意明が継ぎ陸奥下村1万石に左遷され、その後遠江相良藩1万石に復帰し明治に至る  
                                          
権勢を極めた老中、田沼意次&意知の墓は
ここ勝林寺/駒込に有る。H17.01参詣
相良藩田沼家菩提寺の勝林寺
老中の意次公の居城は豪壮華麗な平城だったが、家督を継いだ意明は陸奥下村へ転封し、天明8年(1788)城の建物は全部壊された。
2の丸の黒松10本が相良城の遺産として残っている
後期相良藩の藩主居城碑/相良小学校
平田寺/相良藩の領地位牌寺