西条藩:西条城
西条藩/西条城:伊予(愛媛)西条市 松平家・紀州藩分家 家門 30千石【大広間】子爵  ☆松平頼純が1670年、西条藩に入封し10代190余年在封
定府大名。 西条城大手門・中屋敷門。 観音水/名水百選。  藤の禎祥寺。  西条藩松平家菩提寺の池上本門寺H17.01。  西条藩
    西条藩探訪歴 平成10年5月探訪/同18年12月再訪/63番吉祥寺、64番前神寺に参詣/同26年1月更新
西条藩松平家菩提寺の池上本門寺と西条藩歴代藩主の墓

西条藩の西条城大手門

※一口メモ:@西条藩は1636年に一柳家が入封したが、禁裏造営の不都合・参勤交代遅れ・失政で除封され、一時廃藩になったが、寛文10年(1670)、家門の松平家(紀伊)が西条藩に入封し再び立藩した。
A幕末維新時の西条藩:鳥羽伏見の戦いの前に西条藩は勤王でまとまったが、土佐藩等から疑われた(第2次征長で宗藩の紀州藩に従い兵を出した)。
土佐藩や小松藩の疑いを晴らすため西条藩は2個小隊を出兵させた。
B西条藩松平家とは:紀州徳川家の連枝である。西条藩の藩祖、頼純は初代紀州藩主頼宣の二男で西条藩3万石を与えられたものである。

今回(H18年)の西条藩再訪は城下の札所にも参詣。  63番 吉祥寺                      64番 前神寺
藤咲き誇る禎祥寺 平成10年5月
西条市は水の城下町。石鎚山の湧水で各家庭は自噴水を上水としているので、公共の上水道が無い。
西条藩、西条城中屋敷門
西条藩、西条城大手門
西条藩、西条城址は西条高校