逆井城
逆井城:茨城県坂東市逆井1262番  逆井城 逆井城の探訪、 2012.07
逆井城は中世ごろ逆井氏が築城したといわれている(古逆井城)。逆井常繁公の代、天文5年(1536)、小田原を本拠地とする北条氏の軍勢に攻められ逆井城は落城した(北条氏は逆井城を大改築)。以後、天正18年(1590)に北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされるまで、同氏の北関東進出の拠点となっていた。この地は常陸佐竹氏・結城氏・多賀谷氏との領国の境目にあたり、すぐ北側にある自然の要害である「飯沼」に囲まれ堅牢を誇っていたという。
小田原北条氏により滅ぼされた逆井城の領主、逆井氏の菩提寺・墓所は常繁寺   
逆井城、横矢掛かりの土塁
逆井城鐘掘池:北条氏に攻められ落城時に逆井氏の奥方が自害した池
逆井城、井楼矢倉
逆井城櫓門(東二の曲輪から本丸へ
逆井城の物見櫓
Back
小田原北条氏により滅ぼされた逆井城の領主、逆井氏の菩提寺・墓所の常繁寺/逆井氏の先祖塁代墓も有る(逆井氏傍系が墓守している?)。