坂本城
坂本城:滋賀県大津市坂本
坂本城は1571年明智光秀が築城。1582年、羽柴筑前の援軍に向かう途中、6月2日京都本能寺に主君の織田信長を急襲し自刃させたが光秀の天下は3日天下となり、6月15日、坂本城は焼失し落城した⇒詳細は下記末尾参照。
                         坂本城探訪歴 平成19年9月探訪/同26年8月更新
坂本城(址)は宅地に成り城址碑だけがその存在を語る/琵琶湖畔に石垣 坂本城(址)碑の前を通る学校から帰宅途中の小学生
聖衆来迎寺の坂本城移築城門/大津市 西教寺の坂本城移築城門/大津市

坂本城は近江国滋賀郡坂本にあった琵琶湖に面した平城であり、明智光秀によって築かれた城。坂本城は、琵琶湖の南湖西側に位置する。西側には比叡山の山脈があり、東側は琵琶湖に面していることから、天然の要害を備えた地であった。比叡山は近江国と山城国にまたがっており、山中道と白鳥道の2つの道は両国を結ぶ道路が通じており、中世、近世において頻繁に利用され、比叡山の物資輸送のための港町、交通の要所として坂本は繁栄していた。現在、坂本城の城郭の大半は宅地化され、推定地の中央は国道161号が貫通している。

 元亀2年(1571))、比叡山焼き討ちの後、明智光秀に近江国滋賀郡が与えられ、織田信長の命によって京と比叡山の抑えとして坂本城を築城させた。比叡山延暦寺の監視と琵琶湖の制海権の獲得が目的であったと思われている。また、坂本城には天守が有ったと思われている。
 その後、明智光秀は坂本城を拠点に近江国の平定を目指す。元亀3年(1572))-天正元年(1573))にかけて、木戸城、田中城を落城させ、また湖面より湖北の浅井勢に襲撃し打撃を与えた。その後、石山城、今堅田城を攻め、湖南はほぼ手中に収めた。その後坂本城は近江国における反織田信長に対する重要な軍事施設として使用された。明智光秀は黒井城の戦いでほぼ丹波国を手中に収めると、天正8年(1580)亀山城の城主となったが、坂本城もそのまま城主となっていた。

 天正10年(1582)6月2日、明智光秀は中国攻めには向かわず本能寺の織田信長軍を急襲し、織田信長を炎の中に追い込み殺害した(本能寺の変)。しかし、同年6月13日山崎の戦いで敗れた明智光秀は山城国の小栗栖周辺で百姓らに襲われ死去したと言われている。一方安土城の城主となっていた明智秀満は、山崎の戦いで敗戦を知り安土城から移ってきたが、羽柴秀吉軍が城を囲む中、明智秀満自身が天守に火を放ち光秀の妻子もろとも坂本城は落城した。その後、羽柴秀吉が丹羽長秀に坂本城の再建を命じ城主となる。後に杉原定次、浅野長政が坂本城の城主となった。この時に城下町が形成されたと思われている。しかし天正14年(1586)、秀吉の命を受けた浅野長政が大津城を築城し居城を移したことにより坂本城は廃城になり、資材は大津城の築城に使用された。築城から約15年後のことであった。

                                           
坂本城址探訪の途中、”三井の晩鐘”で有名な三井寺を訪ねた。前回訪れたのは平成2年の雪の正月。

弁慶の引き摺り鐘

 比叡山延暦寺(山門)との争いで弁慶が奪って帰ったが、搗いてみると”帰りたい帰りたい”と響いたので、”そんなに三井寺へ帰りたいのか”と怒って鐘を谷底へ投げ捨ててしまった。<伝説>