坂元要害:坂本城 
 坂元要害/坂本城:宮城県亘理郡山元町坂元字舘下  一家、大條氏4000石(伊達宗遠の子の孫三郎が大條氏と称した) 坂元要害探訪歴  2011.07
坂元要害は本丸(坂元神社)二の丸(小学校)三の丸(民家)からなり堀が廻らされていた。坂元要害の大手門は三の丸跡地の民家に移築。豊臣秀吉縁の茶室。
坂元要害の領主、大條家菩提寺の徳本寺。
(坂元要害の頁)
坂元城は元亀3年(1572)亘理重宗の家臣、坂元三河が築城。天正19年(1591)に涌谷へ移る。その後、後藤氏・黒木氏・津田氏が入城した。元和2年(1616)大條宗綱が2000石(後に4000石)で坂元要害に入封、大條氏は仙台藩の家老職等の要職に就いていた。
坂元要害の本丸跡と堀跡
坂元要害の領主、大條氏菩提寺の徳本寺//東日本大震災で墓石などは倒壊したままになっていた。
坂元要害の大手門と豊臣秀吉縁の茶室(要修復)
Back