佐倉藩:佐倉城 
佐倉藩/佐倉城: 下総(千葉)佐倉市 堀田家 譜代 110千石【帝鑑間】伯爵          ☆堀田正亮が1746年に佐倉藩に入封し6代122年在封
佐倉藩堀田家菩提寺の甚大寺 ・生垣の武家屋敷街・堀田邸、庭園 昭和61年7月探訪:忠犬だい/平成17年7月再訪B/同26年3月C 
 佐倉藩支藩:下野佐野藩16千石・近江宮川藩13千石
             佐倉藩、佐倉城本丸跡                 明治初期の佐倉城写真
                                      佐倉藩、佐倉城お堀 
                         佐倉城下の佐倉藩の生垣の武家屋敷街と武家屋敷 
 佐倉藩堀田家菩提寺の甚大寺と歴代藩主墓所 
 ※一口メモ:@佐倉藩の藩主変遷: 武田家→松平家(忠輝)→小笠原→土井家→石川家→松平家(形原)→堀田家(除封)→松平家(大給)→大久保家→戸田家→稲葉家→松平家(大給再封)→1746年、堀田正亮(老中)が山形から佐倉藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の佐倉藩:鳥羽伏見の戦いの後、佐倉藩の藩主、正倫(16)は将軍の寛大な措置嘆願で上京したが新政府の怒りを買い京都に留め置かれた。国許の佐倉藩では新政府軍が佐倉城に入城し、鳥羽伏見の戦いで幕府軍の先鋒を務めた大多喜藩を攻めることを命じられ、大多喜城の接収に当たった。その後も東北戦線に出兵した(佐倉藩から1153名出兵し3名戦死)。
   
佐倉藩、
 堀田邸と庭園
佐倉藩最後の藩主であり、 明治維新後に華族となった堀田正倫(まさとも)が明治23年(1890)に建てた邸宅と庭園。