三田藩:三田城
三田藩/三田城:摂津(兵庫)三田市 九鬼家 外様 36千石【柳間】子爵       ☆九鬼久隆が1633年、三田藩に入封し13代235年在封
三田藩、三田城址は三田小学校。三田藩、三田城移築城門/金心寺。   三田藩九鬼家菩提寺&墓所の心月院。
志摩鳥羽藩の後継争い後、2藩に分かれた⇒綾部藩九鬼家19千石 三田藩探訪歴 平成8年7月探訪/同19年5月再訪/同26年7月更新
                                三田藩、三田城(址)は三田小&有馬高
           三田藩、三田城旧下屋敷門/金心寺 三田藩、旧九鬼家(家老職)住宅
三田藩九鬼家菩提寺の心月院、墓所
※一口メモ:@三田藩の藩主変遷  有馬家→(福知山藩領)→松平家(能見)→1633年、九鬼家が三田藩に入封し藩主家が定着
A九鬼家は織田信長、豊臣秀吉に仕えて<九鬼水軍>として名を馳せ、鳥羽36000石の城主となった。その後徳川家に仕え56000石となる。九鬼守隆の没後、後継争いが生じて幕府決裁で三田藩(久隆)と綾部藩(隆季)に分かれた。

B幕末維新時の三田藩:維新時の三田藩は早くから恭順の意を表した(三田藩からの出兵は50名)。