三戸城-青森
三戸城:青森県三戸郡三戸町 三戸城探訪:2015.05
三戸城は南部家第24代の南部晴政が永禄年間(1558~69年)に築城した居城で、南部氏宗家発祥の城と呼ばれている。当地には当時の石垣、土塁が現存している。1591年(天正19)の九戸城の南部一族の九戸政実の反乱攻略後、豊臣秀吉から九戸城(福岡城)を与えられ三戸城から九戸城へ移った。江戸時代初めに盛岡城が完成し、藩主が居城を九戸城から移した。昭和42年に模擬天守「温故館」が建設された。また、平成元年に山麓に綱御門が復元された。江戸期は代官所が置かれた。
三戸城表門/龍川寺に移設   三戸城搦手門/法泉寺に移設   江戸期の三戸代官所門/観福寺
三戸城本丸跡 本丸跡や2の丸跡では「桜祭り」中 三戸城
三戸城表門/龍川寺に移設 三戸城搦手門/法泉寺に移設
三戸城遠望 江戸期の三戸代官所門/観福寺
Back