佐野城
佐野城:栃木県佐野市若松町                                            佐野城探訪歴: 2009.2探訪/2014.8更新
 両毛線佐野駅の背後の城山公園が佐野城(跡)。佐野城の築城は唐沢山城にあった佐野信吉で、39千石の大名であった。
信吉は旧豊臣大名であり、唐沢山城の堅塁さが徳川政権のもとで災いとなることを配慮し、1602年に惣宗寺を移転させ、佐野城の築城に着手し、1607年に唐沢山城を廃して佐野城に移った。
 しかし1614年に大久保長安事件に連座して、松本藩に預けられ、佐野城は廃城となった。1622年に赦され、
子孫は1640年に3000石の旗本へ、その後、3500百石になり明治を迎えた。 佐野城移築城門/惣宗寺(厄払大師)
 その後の佐野は、1826年から佐野藩堀田家16千石が3代42年間、佐野市植下町に陣屋を構築し明治を迎えた。佐野城。
唐沢山城主 佐野家系譜:盛綱(23代)-秀綱(24代)-泰綱(25代)-豊綱(26代)-昌綱(27代)-宗綱(28代)-氏忠(29代)
                 -房綱(30代:1558〜1601年)-
信吉(31代:1566〜1622年))ー旗本で名跡は続く
佐野城移築城門/惣宗寺(厄払大師)
佐野城土塁
佐野城跡石碑