佐貫藩:佐貫城
佐貫藩:上総(千葉)富津市 阿部家・福山藩分家 譜代 16千石【雁間】子爵       ☆阿部正鎮が1710年、佐貫藩に入封し8代160余年在封
平山城址 花摘み  佐貫藩阿部家菩提寺の勝隆寺跡2006.02参詣  佐貫藩探訪歴 平成9年2月探訪/同17年5月再訪B/同26年7月更新
※一口メモ:@佐貫藩の藩主変遷  内藤家→松平家(桜井)→松平家(能見:除封)→廃藩→1710年、阿部家が刈谷から佐貫藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の佐貫藩:維新時の佐貫藩は、尊王の家老の相馬助右衛門が佐幕派に暗殺された。佐貫藩の藩兵は撤兵隊や請西藩と富津陣屋を攻撃したが大村藩などの新政府軍に大敗し、佐貫藩の藩主、正恒は自ら佐貫城を出て恭順の意を表した。 
                                                     
佐貫藩阿部家菩提寺、花香谷の勝隆寺跡(廃寺)の墓所 2006.02参詣   ※幕末の佐貫藩の藩主の8代正身・9代正恒・夫人の墓(初代から7代は
                                               西浅草の東光院)
佐貫藩の武家町筋
 佐貫藩、佐貫城址

町並み

房総花摘みの途中立ち寄る
    
(佐貫藩の頁)