佐沼要害(佐沼城)
佐沼要害/佐沼城:宮城県登米市迫町佐沼内町  佐沼要害  佐沼要害探訪 2012.04
佐沼亘理氏5000石(伊達氏一家)。 亘理氏居館。  亘理氏墓所。
佐沼城の築城は不明。中世は大崎氏家臣の石川氏が城主となっている。戦国末期、大崎氏、葛西氏の両氏は小田原へ参陣しなかった事から豊臣秀吉の奥州仕置きによって改易させられた。その後木村氏が入封後、1591年、伊達領となる。伊達氏家臣の津田景康を配し、宝暦7年(1757)から亘理倫篤が5千石で入封し5代で明治を迎えた。。佐沼城は平山城だったが元和元年(1615)一国一城令により佐沼城は廃城し、佐沼要害と称した。 
佐沼要害の領主、亘理氏居宅
佐沼要害/佐沼城
   佐沼要害の北側(西舘)にある亘理氏墓所

佐沼要害絵図

Back