篠山藩:篠山城
篠山藩/篠山城 :丹波(兵庫)篠山市 青山家 譜代60千石【雁間】子爵  ☆寛延元年(1748)青山忠朝が丹波亀山から篠山藩に入封し6代120年在封
武家屋敷街。 古い町並。 篠山藩青山家縁の播龍庵。 篠山藩江戸菩提寺は東海寺/品川区。  篠山藩
篠山藩探訪歴:昭和59年8月探訪、/平成9年3月・同20年11月再訪/26年8月更新 篠山藩の支藩:美濃郡上藩48千石
江戸の篠山藩青山家菩提寺の東海寺/品川 2006.08参詣 歴代藩主の墓は合葬
※一口メモ:
@篠山藩の藩主変遷:松平家(松井)→松平家(藤井)→松平家(形原)→寛延元年(1748)、青山忠朝が丹波亀山から篠山藩に入封した。

A幕末維新時の篠山藩:篠山藩は鳥羽伏見の戦いでは伏見を守っていたが、戦闘には参加しなかった。その後、新政府に恭順の意を表した。
B篠山藩の篠山城は天下普請の城:徳川家康は、関ヶ原の合戦に勝利し、豊臣恩顧の西国大名の勢力を弱めて徳川幕府の確立のため、戦略の要衝の地、篠山に天下普請で篠山城を作った。
 慶長10年(1605)に笠間から丹波八上城へ入った松平康重は、慶長13年(1608)に徳川家康の命により篠山に築城した。篠山城の築城には、普請奉行に池田輝政、藤堂高虎の縄張りにより西国大名(15国20大名が6ケ月で完成)の天下普請で築かれた。篠山城には、天守台があるが天守は建てられなかった。
                                            
篠山藩家中の長屋門
篠山藩、お徒歩町通り
篠山藩地方役所門/移設
篠山藩、篠山城堀と高石垣
篠山藩城下の河原町商家群/江戸の面影が良く残っている
篠山藩青山家菩提寺の播龍庵
篠山藩、篠山城本丸跡を望む