狭山藩:狭山陣屋
狭山藩/狭山陣屋: 河内(大坂)大阪狭山市 北条家 外様 10千石【柳間】子爵   ☆北条氏信が1616年に狭山藩に入封し12代270年在封
北条早雲の子孫  狭山藩の陣屋跡は小学校等 狭山藩の陣屋移築表門/西本願寺堺別院  狭山藩北条家菩提寺の法雲禅寺/堺市美原区 
狭山藩探訪歴:平成10年3月探訪:高野山立寄/同19年12月再訪:玉龍高応援in花園/同26年6月更新
※一口メモ:@幕末維新時の狭山藩:維新時の狭山藩は早くから新政府に恭順し、鳥羽伏見の戦いでは京都四ツ塚門の警備を受け持った。ただ、狭山藩は財政難から廃藩置県を待てず、堺県に吸収された。
A狭山藩北条家とは:北条家の祖は、関東地方で勢威を振るった北条早雲である。しかし北条家は天正18年(1590)、豊臣秀吉の小田原征伐により滅亡してしまう。戦後の処罰により、北条氏第4代当主の北条氏政と弟氏照は切腹となったが、第5代当主の北条氏直(徳川家康の娘婿)と北条氏規(氏政の弟/和平に尽力)は許され、高野山に蟄居となった。
 天正19年(1591)、氏直は嗣子無くして死去し、北条家の嫡流は断絶したが、氏規がその後を継いで後北条氏の当主となる。その後、罪を許されて氏規は河内狭山で7千石、氏規の子・北条氏盛は下野国内に4千石を領することになる。慶長5年(1600)、氏規が没すると氏盛はその家督と遺領を継いで11千石大名となる。これが狭山藩の始まりである。                 <幕末275藩       <戻る
狭山藩北条家菩提寺、法雲禅寺とお墓
狭山藩城下の武家門
移築の狭山藩の藩陣屋表門

平成19年12月の再訪は、母校の鹿児島玉龍のラグビー部後輩が7回目の花園出場。応援の途次に訪ねた。
(試合は愛知西陵に41対7で負けた)

早雲寺/神奈川県、箱根湯元  戦国の雄、北条早雲以下5代の墓
狭山藩の陣屋碑が立つ小公園/狭山陣屋

←玉龍