関ヶ原古戦場

関ヶ原古戦場:岐阜県関ケ原町                   関ヶ原古戦場探訪歴:平成9年探訪/同19年3月再訪/同26年1月
徳川家康軍(東軍)と石田三成軍(西軍)が1600年10月21日、関ケ原で激突。東軍勝利でその後は徳川家の天下になっていく。
 故郷の鹿児島、島津軍の陣地跡を訪ねた
   島津義弘を大将とする島津軍は、敗戦濃厚のなか、家康本陣前を突っ切って退却、戦場からの離脱(堺へ)に成功した。
   しかし島津軍の生き残りは80人余りだったという。
島津義弘の陣跡:関ヶ原小池
石田三成の陣跡:笹尾山
関ヶ原古戦場