仙台藩:仙台城
仙台藩/仙台城: 陸奥(宮城)仙台市 伊達家 外様 625千石 【大広間】伯爵  
仙台城隅櫓   仙台藩藩祖政宗廟所の瑞鳳殿 2代藩主の感仙殿   仙台藩伊達家菩提寺の瑞巌寺  幕末に北海道に白老陣屋構築  仙台藩
昭和47年7月探訪/昭和58年は義父母と松島遊覧/平成17年4月再訪C/同26年7月更新  仙台藩の支藩:宇和島藩100千石・陸奥一関藩30千石 
※一口メモ:@仙台藩の伊達家:伊達家は源頼朝の奥州征伐に従って、その功で陸奥国伊達郡(現福島県)を所領としたが、戦国期の伊達政宗は近隣を征服し、米沢、会津黒川を根拠地とした。秀吉の小田原攻めに遅参し、所領を現在の宮城県、岩手県南部の地域に移された。岩出山城、後に仙台城を作り移った。関ヶ原の戦い時には故地である伊達郡などの回復を狙って上杉勢と激しく戦った。仙台藩は、62万石であったが、うち3万石は支藩の一関藩領である。実高は100万石を越えていたというが、仙台藩も内情は苦しかった。
 徳川幕府は原則として一国一城の令(例外城として白石城)を基本としたが、仙台藩では「要害」と称し支城と異ならない施設を領内に構え、重臣をその要害に置き、領地を知行として与え支配させた。
A幕末維新時の仙台藩:維新時の仙台藩は奥羽越列藩同盟の盟主となったので、戦後の賞罰で仙台藩は34万石減封され28万石となった。この戦いでの戦死者は1260名?に達したという。  B仙台藩遣欧使節、支倉常長の墓
                                            Back    
仙台藩、仙台城に建つ政宗像
仙台藩、仙台城石垣H17年
仙台藩再訪  H9.5再訪時:修復前が古城址石垣の風情
仙台藩、仙台城隅櫓
仙台藩藩祖、政宗の瑞鳳殿                      仙台藩2代藩主の感仙殿