白老仙台藩陣屋跡
白老仙台藩陣屋跡:北海道白老郡白老街
                        <平成16年7月探訪:登別温泉、霧雨。 当時はホームページを作成するとは思ってもいなかった>

ロシアの南下政策を警戒した幕府は、松前藩のほか東北諸藩(津軽・南部・秋田・仙台・庄内・会津)に命じて蝦夷地を分割警備させ、各藩では24ヵ所の陣屋を築き沿岸の防備にあたった。

 仙台藩では、白老を適地として幕府に承認を求め、安政3年(1856)春に陣屋構築にとりかかり、白老陣屋は秋に完成した。仙台藩は白老に元陣屋、広尾・厚岸・根室・国後島泊・択捉島振別にそれぞれ出張陣屋を置いて多くの藩士たちがその任についた。

 白老陣屋は、面積約66000u、堀と土塁に囲まれた内曲輪と外曲輪の中に6基の門を構え、本陣・勘定所・殻蔵・稽古場・長屋などを築き、常時120名の藩兵が駐屯していた。さらに、安政6年(1859)には藩領地ともなったことから代官も置かれた。

 慶応4年(1868)の戊辰戦争により、白老陣屋はじめ各地に置かれた陣屋は、12年間の歴史に幕を閉じた。