世田谷代官屋敷
世田谷代官屋敷の敷地は想像以上に広大、敷地の中には大場氏の現住居もある。
世田谷代官屋敷(彦根藩世田谷代官屋敷):東京都世田谷区世田谷一丁目                        世田谷代官屋敷探訪 2012.06
 彦根藩世田谷領(2300石)は寛永10年(1633)井伊家が江戸屋敷の賄料として幕府から賜われた領地で、大場氏が代官職を務め、明治に至るまで世襲した。世田谷代官屋敷は大場氏がその代官役所として使用した居宅を含む屋敷跡。(大場氏は世田谷城主、世田谷吉良家の重臣であったが、世田谷城の廃城後帰農した)。 
世田谷代官屋敷の庭にある、白洲通用門と白洲跡
Back