世田谷城
世田谷城:東京都世田谷区豪徳寺2丁目   世田谷城探訪歴: 2011.10
世田谷城は、初代吉良氏が南北朝の頃、関東管領・足利基氏から、武蔵国世田谷領をもらいうけて築城したのが始まりである。以後、吉良氏八代、二百数十年の間、居城として栄え、吉良御所、世田谷御所と呼ばれた。1590年(天正18年)豊臣秀吉が小田原の北条氏を滅ぼしたとき、北条氏と親戚関係にあった吉良氏も運命を共にしたため、世田谷城は廃城となった。しかし、世田谷吉良氏は、関ヶ原の戦い後に徳川家康から上総国(千葉)寺崎村で1150石を与えられ旗本として明治を迎えた。菩提寺は勝光院。
世田谷城は戦国時代までの城址のため遺構は殆ど残っていない。
Back
世田谷城の城主、世田谷吉良氏の菩提寺の勝光院(桜1丁目)。天正元年(1573)吉良氏朝が中興開基寺院で、江戸時代の旗本時代も含めて世田谷吉良氏の墓所となっている。