新発田藩:新発田城
新発田藩/新発田城 :越後(新潟)新発田市 溝口家 外様100千石【大広間】伯爵  ☆溝口秀勝が1598年新発田藩に入封し12代270余年在封
海鼠壁の本丸大手門と2の丸隅櫓 三階櫓復興 五十公野御茶屋  新発田藩下屋敷庭園の清水園 
 新発田藩足軽長屋 新発田藩溝口家菩提寺の宝光寺  「高田の馬場決闘」の堀部安兵衛生誕の地   
新発田藩探訪歴:
平成14年10月探訪 同22年8月再訪
新発田藩の溝口家歴代藩主墓所
新発田城三階櫓
                        新発田藩の五十公野御茶屋:36千坪の藩主茶寮・回遊式庭/新発田藩  新発田藩
新発田藩足軽長屋                            新発田藩、70石取の武家屋敷
※一口メモ:@幕末維新時の新発田藩:維新時の新発田藩は早くから藩論は勤王にまとまっていたが、周辺の事情からやむを得ず奥羽越列藩同盟に参加した。新政府軍とも戦い戦死者もだしたが、新発田藩の江戸藩邸では新政府軍と接触し、松ヶ崎に新政府軍を密かに上陸させ、長岡藩との戦に貢献した。新発田藩からは1695名出兵、48名の戦死者をだした。
A新発田藩溝口家とは:溝口秀勝は信長の武将、丹羽長秀に仕え、天正9年(1581)には若狭高浜の逸見氏遺領8千石のうち5千石を信長から与えられた。天正11年(1583)、羽柴秀吉が越前北の庄の柴田勝家を滅ぼしたあと、丹羽長秀は秀吉から越前一国と加賀の江沼・能美二郡拝領し、このうち加賀江沼郡を戦功のあった溝口秀勝に分与した。秀勝は大聖寺城に拠り44千石の大名となった。
 天正13年(1585)、丹羽長秀が没し堀秀政がその遺跡を継ぐと、秀勝は秀政の与力とされた。慶長3年(1598)、堀氏の越後国春日山城45万石への移封に伴い、同国蒲原郡に移封され、六万石に加増された秀勝は新発田に新たに築城を開始。 慶長5年(1600)の会津征伐・関ヶ原の合戦でも徳川方与し新発田藩が安堵された。
         
                                                       大名庭園へ>    
新発田藩、新発田城本丸大手門
発田藩溝口家菩提寺の宝光寺
海鼠壁の新発田城は美しい/新発田藩
清水園:新発田藩下屋敷庭園