椎谷藩:椎谷陣屋
椎谷藩/椎谷陣屋:越後(新潟)柏崎市椎谷 堀家・村松藩分家 譜代 10千石【菊間】子爵 椎谷藩
 定府大名。 椎谷藩陣屋跡(3千坪)は日本海を望む稲荷社。 椎谷藩の領地は越後に5000石、信濃(長野県小布施町)に5000石であった。信濃の領地には1792年(寛政4年)に六川陣屋を築いた。  椎谷藩堀家菩提寺の養源寺墓所参詣H17.04/柏崎市文化振興課さま教示
 堀直宥が元禄11年(1698)に領地を移され椎谷藩を立藩し13代170余年在封    平成12年5月探訪:同22年5月再訪/春日陣屋探訪途次
椎谷藩、良寛の出雲崎にて<平成12年5月>
椎谷藩、椎谷陣屋跡(からは佐渡島が遠望された)
椎谷藩、椎谷陣屋跡絵図
      芭蕉庵跡   <荒海や佐渡によこたふ天の川>
椎谷藩堀家菩提寺の養源寺/東京 平成17年5月参詣

※一口メモ:椎谷藩堀家:椎谷藩の家祖、直之は堀直政(安土桃山時代の武将)の4男で、慶長16年(1611)に書院番士となり、大阪の陣での功績で1千石の旗本となった。その後、加増を重ね、上総国で1万石を賜り、諸侯に列した。堀直宥が元禄11年(1698)に領地を移され椎谷藩を立藩した。
A幕末維新時の椎谷藩:維新時の椎谷藩は勤王の誓書を新政府に差し出していたが、勤王派の水戸藩脱藩兵に陣屋等を焼かれた。椎谷藩から96名出兵し北陸道軍として転戦、会津や米沢にも兵をすすめた。戦後の論功行賞で椎谷藩は
賞典金2千両を賜った。