鹿野藩:東舘新田藩
鹿野藩/東舘新田藩:因幡(鳥取)鳥取市鹿野町 池田家・鳥取藩分家 外様 30千石【柳間】子爵                          鹿野藩
江戸時代は本藩の城下住まい。 明治元年旧鹿野城址2の丸の鹿野中学校に鹿野藩の陣屋を構築。  殿町・上町・大工町筋と石行燈。 藩主墓所
鹿野藩探訪歴:昭和54年7月探訪/平成19年7月再訪/同25年10月更新 池田仲澄が1685年、分与を受け鹿野藩を立藩し10代180余年在封
一口メモ:@幕末維新時の鹿野藩:鹿野藩は宗藩の鳥取藩と行動を共にした(鹿野藩からは出兵63名、戦死者2名)。戦後の、論功行賞で鹿野藩は賞典金2千両を賜った。
A鹿野藩が陣屋を構築した
鹿野城(址)とは:歴史は下がって戦国時代、尼子氏の遺臣、亀井滋矩が天正8年(1580)の鳥取城攻めの戦功により豊臣秀吉から13千石を与えられ鹿野城主となった。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いで亀井氏は東軍に与し、38千石に加増された。亀井家は元和3年(1617)、津和野へ移封となり、鹿野は鳥取藩領となった。   
                                               <大名以外の城へ        
鹿野藩城下の殿町・上町・大工町の町筋には町内会の紋入りの石行燈があり、祭りを盛り上げる
鹿野藩池田家の国府町の藩主墓所/一番手前が藩祖池田仲澄(宗藩の鳥取藩と同じ墓域) 

鹿野藩/東舘新田藩の陣屋跡

鹿野城址の二の丸跡の鹿野中学校、この辺りに鹿野藩の陣屋構築