小さな城下町>
Back
丸尾城 
江戸時代の松平家墓所になっている小高い丘は、戦国時代には島原氏(有馬氏の一族)の丸尾城であった。 天正12年(1584)、日野江城主有馬氏・援軍の薩摩島津氏(6千人)と佐賀の竜造寺氏(25千人)との間に九州の覇権を賭けた合戦が島原の地において行われt。
   
 登城口(墓所入口)に丸尾城の説明板有  
※一口メモ:@島原藩の藩主変遷:有馬家→松倉家(島原の乱後除封)→高力家→深水松平家→戸田家→1774年松平家が宇都宮から島原藩に入封。
A幕末維新時の島原藩:維新時の島原藩の藩主、忠和(16)は将軍慶喜の弟のため、自主的に謹慎に入ったが咎めはなく、秋田戦線に派兵した(島原藩から257名出兵し4名戦死)。戦後、島原藩は賞典金5千両を賜った。
B島原藩の藩庁、島原城とは;元和2年(1616)有馬氏の延岡藩転封により、松倉氏が今までの居城、日野江城に入城したが手狭のため元和4年
(1618)に島原城の築城に着手した。島原城は寛永元年(1624)に完成。
 寛永14年(1637)から寛永15年に板倉氏の圧政により島原の乱が起きる。松倉勝家は領内を騒乱に導いた責により斬首され、松倉氏は改易となった。
寛永15年(1638)高力氏が島原藩4万石で島原城に入城した。      
島原藩松平家菩提寺の本光寺

島原藩、島原城石垣

 島原藩:島原城
島原藩/島原城: 肥前(長崎)島原市 深溝松平家 譜代 70千石【帝鑑間】子爵       ☆松平忠恕が1774年、島原藩入封し8代90余年在封
島原城は1616年(元和2)、大和(奈良県)五条から移封した松倉豊後守重政が、1618年(元和4)から7年余の歳月を費やして築いた。 
鉄砲組(17石)の武家屋敷街。時鐘櫓。 島原藩深溝家菩提寺の本光寺。   島原藩飛地陣屋の高田陣屋天草四郎と島原の乱。 
島原藩探訪歴: 昭和48年7月探訪/平成9年夏再訪は熱中症/同26年11月再訪B  島原藩

島原藩、時鐘櫓

島原藩、武家屋敷街/17石二人扶持ぐらい
島原藩、島原城天守閣