下田城/静岡 
 下田城:静岡県下田市3丁目(下田公園)  下田城探訪:2015.03
下田城は下田港湾口の西側の岬全体が城地だった。小田原北条氏は下田城を小田原水軍の拠地とし、家臣の朝比奈孫太郎が入っていた。やがて豊臣秀吉との関係が悪化すると伊豆衆の清水康英を城将とした。天正18年(1590年)豊臣軍の長曽我部元親、加藤嘉明率いる水軍が来襲、清水康英は600余で約50日にわたって籠城した後に下田城を開城した。北条氏の滅亡後は徳川家康の家臣、戸田忠次が5000石で下田城に入封した。忠次の子、尊次は慶長6年(1601年)に三河の田原城に転封となり、下田城は廃城となり下田の地は天領となった。 
 下田城登城口  本丸下にある城址碑
   下田城本丸跡
                           下田城の空堀跡
 
             下田城から見た下田港        幕末のペリー提督来航の胸像                春の野菜、ツワブキを収穫
Back