下妻藩:下妻陣屋
下妻藩/下妻陣屋:常陸(茨城)下妻市 井上家・浜松藩分家 譜代 10千石【菊間】子爵  ☆井上正長が1712年下妻藩に入封し14代160余年在封
下妻藩の陣屋跡は下妻第一高・陣屋公園を含む一帯   下妻藩井上家菩提寺の妙円寺と合葬墓   
下妻藩探訪歴:平成8年4月大ちゃんと探訪/同17年12月再訪/同26年6月更新 下妻藩

※一口メモ:@下妻藩の藩主変遷:徳川頼房10万石⇒松平忠昌3万石⇒久松松平3万石⇒廃藩⇒正徳2年(1712)、8千石の御側衆、井上正長が6代将軍家宣逝去の際の遺命で、2千石加増され、1万石の諸侯に列し、下妻藩を立藩した。
A幕末維新時の下妻藩:維新時の下妻藩は大勢に順応し、新政府に恭順した。

下妻藩の陣屋跡の下妻一高と”陣屋”という名称の小さな陣屋公園
          下妻藩井上家菩提寺の妙円寺                        下妻藩の歴代藩主の墓(合葬) H17.12参詣