新府城
新府城(山梨):山梨県韮崎市中田町    武田氏最後の城

新府城は、天正9年(1581)に武田勝頼によって築城された。新府城は未完成でしたが、同年12月に躑躅ケ崎館山梨県甲府市)からの移転が行われた。しかし、天正10年3月3日、勝頼は織田軍侵攻を目前にして自ら新府城に火を放ち退去、付き添う武将は殆んど無く甲府盆地の南端の田野(山梨県甲州市大和町)において、夫人と子信勝ともに自害し、武田氏は滅亡した。その後、同年に徳川氏と北条氏による甲斐国争奪をめぐる戦いがおこり、徳川家康は新府城を本陣として再利用した。  

              新府城探訪歴:平成12年8月探訪/同18年4月再訪は桜満開:神代桜の帰りに寄る/同26年8月Bは要害山城も
景徳院の武田勝頼夫妻の墓/甲斐大和(新府城のあと夜)

<有名人の墓へ

桜満開の新府城跡
武田勝頼の墓
新府城見取り図
新府城からの眺めは薄っすらと桃畑の花の色
新府城への登城階段
新府城遠望