新宮藩:新宮城
新宮藩/新宮城:和歌山県新宮市 水野家35千石 【無席】 明治維新後男爵  新宮藩 紀州藩付け家老
 新宮藩水野家墓所(菩提寺は無し)。  神倉神社の石段。  熊野早玉大社。  除福の墓。  浮島 。 
                            新宮藩探訪歴:平成16年9月探訪/同26年7月更新 
※一口メモ:
@新宮藩水野家とは:水野重仲は慶長13年(1608)、徳川頼宣(家康の十男)の付家老として水戸領で1万石、慶長14年に頼宣の駿府移封により浜松城主として25千石、加増され35千石となる。元和5年((1619)、頼宣の紀州藩移封に伴い35千石の新宮城主となった。
A新宮藩の成立: 江戸時代を通して、御三家付家老の尾張の今尾家・成瀬家、紀伊の安藤家・水野家、水戸の中山家の5家は立藩の運動をしてきたが認められなかった。ようやく慶応4年に朝廷から諸侯に列せられ新宮藩が成立した。
新宮藩城下にある除福公園
キツイー石段:神倉神社/新宮藩城下
新宮藩水野家墓所
新宮藩、新宮城址の排水口
山上の新宮城址/新宮藩