新善光寺城 
新善光寺城:福井県越前市府中2丁目(現、正覚寺)                            新善光寺城探訪:2014.04
南北朝の動乱期、越前国守護斯波高経は新善光寺跡に新善光寺城を築城し南朝方に備えた。延元元年(1336)南朝方の軍勢により落城したが、すぐに奪回した。さらに延元3年、新善光寺城は新田義貞の手に落ちた。 義貞が新田塚で戦死後、南朝方の勢力は衰え義貞の弟・脇屋義助は美濃へ敗走。 貞治5年(1366)浄土宗の良如により、新善光寺城跡に正覚寺が創建され現在に至っている。 
 
 新善光寺城跡は正覚寺の敷地になっている  
 正覚寺の裏側に僅かばかりであるが土塁が残っている。 
Back