白石城
白石城:宮城県白石市益岡町    仙台藩重臣片倉家18千石    ☆白石城は1国1城令で一藩に2城認められた例外城
白石城主片倉家の墓が阿弥陀如来の石仏墓 二の丸大手二ノ門/当信寺・厩口門/延命寺・城門/名取市耕雲寺 平成14年5月再訪/同23年7月B  
白石城は、天文14年(1545年)頃は伊達氏の支配下にあった。天正17年(1589年)には私戦禁止(関東奥州総無事令)に従わず、蘆名家を滅ぼしたとして政宗の本領のみを安堵し、蒲生氏郷領となる。 慶長3年(1598年)には、上杉景勝領となり、白石城を家臣の甘糟備後清長の居城とする。 慶長5年(1600年)、政宗は関ケ原合戦に向かう家康と呼応し、上杉領の白石城を攻略、この地域は再び伊達領となった。
 政宗は慶長7年(1602年)、白石城を股肱の臣・片倉小十郎に与え、以後、明治維新まで片倉氏の居城となった。
白石城
白石城下の武家屋敷街             →平成14年5月
 
 
白石城、厩口門/延命寺
白石城門/名取市耕雲寺

白石城(復興)
 谷風の前に谷風なく、谷風の後に谷風なし
初代谷風は、本名は鈴木善十郎で、鈴木家は白石城主片倉家の鉄砲組足軽の地位にあったが、白石城下で開かれた江戸相撲の場で、立派な体格の善十郎は、力士になるように勧められた。善十郎は17才であった。
 正徳3年(1713)20才で幕内に昇進し、しこ名を谷風梶之助と改め、片倉家のお抱え力士となった。その後、高松藩12万石の松平家のお抱え力士となった。全盛期であった享保年間には、9年間、無敗の記録を持ち、大関が最高位であった時代に「最強の大関」として角界に、その名を轟かせた。
 元文元年(1736)、初代谷風梶之助は、数々の功績を讃えられながら、静かに、その生涯を閉じた。享年43才。
                               <275藩以外  <戻る(珍しいお墓など)  
<有名人の墓
初代谷風の墓(傑山寺)
幕末に再び脚光を浴びた白石城:明治元年(1868)に奥羽25藩が白石城に会し、奥羽越列藩同盟が結成され、奥羽越公議所が置かれた。しかし、新政府の圧倒的な勢力の前に同盟各藩は次々と降伏し、結局敗北した。その後白石地方の5郡は南部藩に引き渡され、南部氏が白石藩知事となり按察府が置かれた。しかし南部氏は旧領復帰を嘆願し、盛岡藩知事として戻った。その後明治7年、白石城は民間に払い下げられて解体された。
愛宕山中腹にある、阿弥陀仏像の墓石の片倉家廟所
白石城、二の丸大手二ノ門/当信寺
片倉家菩提寺の傑山寺にある白石城、初代城主片倉小十郎の墓(杉木)