白川陣屋:白川陣屋代官下田邸書院
白川陣屋:群馬県高崎市箕郷町白川2116辺り(梅林)  白川陣屋探訪歴:2013.04
 寛文8年(1668)、小浜藩主酒井忠直の甥酒井忠国は、1万石の分知を受け安房勝山藩を立藩した。上野国の白川、和田山、西明屋、富岡、上高浜、下高浜、本郷の7村が飛び地となっていたため、天和2年(1682)、安房勝山藩は白川村に白川陣屋を設けた。白川陣屋の代官には西明屋村の下田氏が世襲で明治維新まで務めた(戦国大名の箕輪城主、長野氏の重臣であった下田氏は箕輪城落城後、西明屋に土着していた)。 
白川陣屋の代官屋敷(高崎市箕郷町西明屋702-2)の下田邸書院、庭園は県指定重要文化財。庭園は赤穂義士の中山安兵衛の築庭。    
白川陣屋の代官、下田氏の書院と堀部(中山)安兵衛の築庭の庭園・・・箕郷支所敷地内
白川陣屋跡は梅林となっている。
Back