白河城
白河城:福島県白河市 
白河城の藩主は丹羽家から、親藩、譜代の各大名家が交代で入城、慶応2年阿部家が棚倉に移封後明治維新時は空城。 
 南湖(翠楽苑) 白河の関  白河城 白河城探訪歴: 昭和59年5月探訪:両親と松島観光途次/平成8年5月/同13年11月/同26年6月更新
Back

※一口メモ
@白河藩(白河城)の藩主変遷:上杉領⇒蒲生領⇒寛永4年(1627)丹羽家10万石入城⇒榊原家14万石⇒本多家12万石→奥平家15万石⇒越前松平家15万石⇒久松松平家11万石⇒阿部家10万石入封・1866年棚倉藩転封⇒藩主不在・白河城は二本松藩預かりとなる。
A白河城の城主では幕府の<寛政の改革>を断行した松平定信が有名。
B幕末維新時の白河城攻防:白河城は明治維新の2年前には城主の居ない城。慶応4年の会津兵・幕府脱走兵・奥羽越列藩同盟軍と新政府軍の攻防戦は熾烈を極め凄惨な結果で旧幕府軍は敗北敗走した。

白河城の城下、南湖にて
奥州三関と称される白河関跡、白河城の城下
紅葉に映える白河城