白鳥城 
白鳥城:富山県富山市吉作(城山公園)                                 白鳥城探訪:2014.04
白鳥城は標高145m、東側に富山城を見下ろす位置にある。戦国期の国人の神保氏が天文12年(1543)頃、富山城を築いたが、その詰城として白鳥城を築いたと推測されている。白鳥城は上杉謙信の越中侵攻時に神保長職が築城、あるいは天正6年(1578)神保八郎左衛門が居城していたと伝えられている。天正13年(1585)富山城の佐々成政を攻撃時に豊臣秀吉が白鳥城に本陣を置いた。その後は前田利家が領有したが、慶長年間に廃城となった。
           白鳥城の駐車場からすぐにある北二の丸跡                  白鳥城空堀跡の橋
 
                    白鳥城本丸下郭                   白鳥城本丸へ
 白鳥城本丸跡           西一の丸跡と前方高い所が本丸跡
 白鳥城から富山市内を遠望  白鳥城縄張り図
Back